スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

24S開始

 新しいシーズンを迎えました☆これでブログ開設ちょうど1Sということになります。今後ともbigwaveと当ブログをよろしくお願いします^^
 さて、1月1週の恒例行事といえば種付けですね。今期の予定は27頭、シーズン途中に引退する牝馬を考えると30頭を少し超えるんでしょうね。例年通りといったところです。今期は稍早早付近の中~中長を手厚くしつつ、短~長まで、超早熟~晩成まで幅広く作るつもりです。具体的な配合はほぼ決まっていますが、これは名馬が登場してから紹介ということにさせていただきますw登場してくれるのかな・・・
 周りを見渡すとカイトファルコン号等、全体公開を中止した種牡馬が多いようですねえ。まあそんなこともあろうかと思い、自家製種牡馬を作り、馬主会種牡馬を充実させてきたんだから影響は無いはず(?)。というわけで最後にサクラユタカオー産駒で使えそうな種牡馬を紹介しましょう☆

続きを読む »

スポンサーサイト

23S終了

 23Sが終わってしまいました・・・
 シーズン成績はG1・1勝、重賞4勝・・・活躍馬は前Sからいたカワラナイアイぐらいという寂しい結果となりました。しかも3歳馬は重賞1つ勝てませんでした。22Sの種付け計画が大失敗だったということになります。毎シーズン安定的に活躍馬を出さないと到底上位馬主に追いつくことはできないのですが・・・気持ちを切り替えてに明日からの種付けに取り組むしかありません。単に運だけで大物を引き当てられるとは思いたくないので。
 あえて明るい話をするとすれば、昨日で通算600勝を達成しました☆
無題
 しかし順位の近い馬主さんと比べるとG1実績、重賞実績、賞金ではさすがに見劣りしますねえ・・・今後がんばりますw
無題2
 第4騎手はまあまあ育ちました。もっともっと育てていきたいと思います。

クイーン賞制覇

 ヒメジョオンがクイーン賞を勝ってくれました。
 ここ1Sでマイル路線は(他の路線もだけど)非常にレベルが上がっています。そのあおりを受けたのがこの馬といえるでしょう。一応G1・3勝馬なのに一線級とは勝負にならず、苦しい戦いを強いられてきました。そんな中で運に恵まれての勝利でした。
 この馬はもうすぐ7歳になります。ノーマル・ハーツクライ産駒の異端馬はどこまでがんばってくれるでしょうか。もっとも、そろそろ繁殖牝馬として使いたい、という気はあるんですがねw

引き続き種牡馬候補生産

 強い馬が全く登場しないので引き続きこのネタでw

 今日までにサクラユタカオー産駒の牡馬が6頭誕生しました^^このまま23S終了まで増やし続けるつもりです。母馬はいずれもどーでもいいようなシステム馬なので、高パラの馬はいないでしょうが遺伝だけSに上がってれば・・・数打ちゃ当たると信じています。
 あと、ファンタスティックライト×ラフィアンの2歳牡馬も購入、遺伝がSSに上がるか楽しみです。こちらは気が向けば調教するかもしれません。

昨日の続き^^

 サクラユタカオー産駒3頭目にして待望の牡馬が誕生しました☆
 ディープインパクト産駒も作ってみましたがこちらは牝馬、やはり安値でセリに出します。もう5頭ぐらい種牡馬候補を作りたいと思います。果たして使える種牡馬は誕生するのでしょうか・・・。

種牡馬候補生産

 プリンスリーギフト系種牡馬を作ろうと突然思い立った昨日、適当な繁殖牝馬を2頭買いサクラユタカオーをつけてみました。で、生まれてきた2頭はやはりというべきか牝馬・・・。牡馬が生まれても遺伝が上がらないと意味がないのでハードルは非常に高いのですが、いい種牡馬ができるまで続けたいと思います。あとほかの系統もやってみるかもしれませんw
 というわけで牝馬の競走馬は安値でセリに出していきます。もちろん相馬眼は一切使ってないので^^物好きな方はどうぞ入札くださいw

思い出の名馬たち(その3)

  それではマナツノドアについて書こうと思います。

 マナツノドアの母馬は、父デザートキング母リヴァーガールのおみくじ馬です。といっても自分で引いたわけではなく、同じ馬主会のあめぽっぽさんが垢削減する際30億ぐらいで買った馬です。まあ安かったですかね^^あめぽっぽさんがマナツノドアの活躍を見ることなく引退されたのは残念でしたが・・・。
 兄弟馬に活躍した馬もいなかったし、偉大な父カプサイシンはまだ種牡馬デビューして間がなかったので、マナツノドアは特に期待馬というわけでもありませんでした。徐々メールのとき初めて行ったフリレで大物であることがやっとわかったのでした。
 いざデビューしてみるとマナツノドアは非常に運のいい馬でしたw差しなのに不利枠には入らないし、いつもいつも良紛れを起こしてしまいます。デビューから13戦連続良枠という、差し馬らしからぬ記録(?)を作ってくれました。しかし運の良さはここまで、マナツノドアは差し馬にありがちな不利枠地獄に陥りました。それでも何故か負けない、彼女は運がいいのではなく勝負強い馬だったのです。不利枠で3度もG1を勝てる馬はそうそういないでしょう^^引退レースのJBCスプリントの時は既にピーク落ちしていたので力負けではありません。
 では、全盛期のフリレタイムでも書いておきましょうか(蹄鉄装着時)。

続きを読む »

23S前半戦終了

 前半戦の総括などやるつもりはなかったのですが、いいネタがないのでやむを得ずやるとします。。
 我が厩舎史上最強馬カワラナイアイが天皇賞春を含む重賞3勝と活躍してくれました。しかし前の記事で書いたとおり引退。重賞勝ちはカワラナイアイ以外無しというなってしまいました。特に3歳勢の不振は深刻です。春のクラシックシリーズはほとんど見てるだけになってしまいました。将来伸びるかもしれない馬ならたくさんいるんですが、それはみんな一緒ですねw
 しかし怪我の功名というべきか、第4騎手の育成は順調に進んでいます。クラシックに出せない駄馬を利用して23勝を挙げ、デビュー半Sあたりで表パラは上限に達しました。地方ながらもオープン勝ちを達成するなど、他の騎手とのタイム差も小さくなってきました。いい馬に騎乗すればG1でも戦えそうです。
 後半こそは新しい名馬に出会いたいものです。

続きを読む »

プロフィール

bigwave

馬主名:bigwave
レベル25 只楽所属
実働:11S10月1週~32S9月1週

GⅠ・51勝 重賞115勝
五大G1グランドスラム
芝ダ全距離G1制覇
芝全距離重賞制覇
13S連続G1勝利(20-32S)
12S連続国内G1勝利(20-31S)

GⅠ実績
芝・長
・天皇賞春
コバギボウシ22S
カワラナイアイ23S
・菊花賞
カワラナイアイ22S*

芝・中長
・ジャパンカップ
アミウチ28S
・有馬記念
アミウチ28S*
・凱旋門賞
ウォースノース31S
・東京優駿
ヤマザクラ18S
アメノアトノニジ20S
・KJ&QES
ヴァレリー29S
・コロネーションC
ヴァレリー29S

芝・中
・コックスプレート
クリストファロス31S
・宝塚記念
フタバヤマ26S
・天皇賞秋
ムーンライトキス26S
・仏ダービー
ヘイワナクラシ31S
・クイーンエリザベス2世C
アシタノドア29S
・皐月賞
ヘイワナクラシ31S
・愛チャンピオンS
クリストファロス32S

芝・短中
・BCマイル
ロンギング30S
・マイルCS
ロンギング29S
・安田記念
ロンギング30S
・NHKマイルカップ
リヴィエーヴ31S
・ヴィクトリアマイル
ロンギング30S
・阪神JF
ハミングバーズ28S
・Jマロワ賞
ヒメジョオン22S
ヒメジョオン24S
ロンギング30S
・英2000ギニー
ピグー30S
・仏2000ギニー
リッチャレッレ30S
・愛2000ギニー
ポムツリー31S
・仏1000ギニー
ケラマリア31S
・Mロンシャン賞
ロンギング30S

芝・短
・高松宮記念
マナツノドア21S
・スプリンターズS
マナツノドア21S*

ダート・中長
・ベルモントS
ベニヤマザクラ22S

ダート・中
・ドバイWC
ムーンライトキス26S
マナツノアメ27S
・BCクラシック
マナツノアメ27S
・JCダート
マナツノアメ27S
・東京大賞典
ムーンライトキス25S
マナツノアメ27S
・帝王賞
マナツノアメ27S*
サガアラシヤマ31S
・川崎記念
マナツノアメ27S

ダート・短中
・JBCクラシック
ヒメジョオン24S*
・フェブラリーS
ヒメジョオン22S
ロンギング30S*
・かしわ記念
ヒメジョオン22S
・全日本2歳優駿
ポムツリー30S
・プリークネスS
ピグー30S

ダート・短
・ドバイGS
マナツノドア22S*
・JBCスプリント
マナツノドア21S*
*は不利枠での勝鞍
ブログ内検索
カレンダー
01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -
リンク
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。